ニュース
» 2014年12月05日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:三菱重工、グループの鋳造工場を再編、広島・長崎を閉鎖し神戸に集約

鋳造品の生産体制を2015年4月1日付で再編し、グループの鋳造工場を神戸造船所 二見工場に集約する。鋳造関係の機能を1つの工場に集約することで、内製コストを低減し、操業変動に耐え得る体制を構築する。

[MONOist]

 三菱重工業は2014年11月13日、鋳造品の生産体制を2015年4月1日付で再編すると発表した。グループの鋳造工場を神戸造船所 二見工場に集約し、広島製作所と長崎造船所(三菱日立パワーシステムズ 長崎工場)の鋳造工場は閉鎖する。

 鋳造技術は、同社のグループ全体のモノづくりや開発に必要不可欠な技術だが、内製量の減少により、3工場の運営体制を維持することが困難な状況にあったという。今回の再編は、中長期の技能伝承や技術開発、QCD(品質・コスト・納期の管理)強化、技術者育成、海外ビジネスパートナーを指導するための人材育成を行う体制の構築が目的となる。

 鋳造関係の機能を1つの工場に集約することで、内製コストを低減し、操業変動に耐え得る生産体制を構築する。また生産技術の一元化により、鋳造品開発力の強化と国内外のビジネスパートナーを活用した、総合的な競争力の向上を図るという。

 今後鋳鍛センターは、火力、コンプレッサ、原子力、製鉄機械などの鋳造品の内製や国内外パートナーの育成指導、全社鋳造製品への技術支援など、鋳造に関する取りまとめを担うことになる。

 同社では、鋳造工場の生産体制構築により固定費を縮減し、拠点集約による人員・設備リソースを最大限活用して、グループ事業の競争力強化に取り組むという。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.