ニュース
» 2014年12月05日 10時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:ヤフーがIoT促進に開発支援プラットフォームを提供、ワイモバイルとの連携も

ヤフーがIoT(Internet of Things)に本腰を入れる。開発支援プラットフォームを立ち上げてAPIを提供する他、ワイモバイルの販売網やネットワークも利用する。

[MONOist]
photo

 ヤフーは2014年12月4日、IoT(Internet of Things)事業者に向けた開発プラットフォームを2015年春より開始すると発表した。IoTデバイスに向けた各種サービスやAPIを提供することで、モノのインターネット化を支援する。

 提供が予定されているAPIはYahoo! JAPANの各種サービス用にとどまらず、国内外のWebサービス事業者へ協力を募ることで、「オープンにインターネットにつながる製品とサービスが集まるプラットフォームを目指す」(同社)としている。

 また、ワイモバイルとの連携し、本プラットフォームを利用したIoTデバイスの販売や、ワイモバイルのネットワークを利用してのIoTデバイスのインターネット接続など、開発のみならず流通やユーザーへの利便性も加味した仕組みを提供していくとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.