ニュース
» 2014年12月08日 07時00分 UPDATE

FAニュース:リコーインダストリアル、画像処理用手動絞りレンズ2機種を発売

画素ピッチ3.69μmの1型、9メガピクセルまでの産業用カメラに対応。外径はφ42mmと小型設計で、画像計測/認識で問題となるディストーション(歪曲収差)を低減させた。

[MONOist]

 リコーインダストリアルソリューションズは2014年11月25日、画像処理用手動絞りレンズ「RICOH FLシリーズ」2機種を、2015年1月下旬に発売すると発表した。電子基板など、多様な装置用途に活用できる画面サイズ1型、9メガピクセルまで対応しており、シリーズ中、最上位機種になるという。

 今回発売されたレンズは、画素ピッチ3.69μmの1型、9メガピクセルまでの産業用カメラに対応。中心から周辺部まで135[lp/mm]という高分解能を持つ。そのため、周辺部まで解像力の低下が少なく、コントラストの高い鮮明でシャープな画像が得られ、周辺部の画像も画像計測や検査に活用できる。フォーカシングにはフローティング機構を採用し、無限遠から至近距離までの全域で収差を低減した。

 また、9メガピクセルカメラの多くで採用されている44mm角の筐体に合わせ、外径はφ42mmの小型設計になっている。そのため、高性能な装置への組み込みなどに適しているという。

 さらに、画像計測/認識で問題となるディストーション(歪曲収差)を低減させた。特にTVディストーションは0.1%未満に抑えた。ゆがみが少なく、周辺まで高精細な画像として取り込むことが可能なため、高解像が求められる電子基板やウエハーなどの精密加工品などに対応できる。

 ラインアップは、焦点距離50mm/最大口径比1:2.4の「FL-BC5024-9M」と、焦点距離75mm/最大口径比1:2.8の「FL-BC7528-9M」で、対応画素数はいずれも400万画素・600万画素・900万画素。新製品の追加により、FLシリーズは1/3型、1/2型、2/3型対応レンズを含め、45機種となった。

photo FL-BC5024-9M

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

レンズ | リコー | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.