ニュース
» 2014年12月08日 11時35分 UPDATE

中小製造業ニュース:富士通がメイカーズを支援! TechShopと共同で教育機関向けの取り組みを開始

富士通がモノづくりに関するワークショップや会員制工房の運営を手掛けるTechShopと共同で、米国におけるメイカーズムーブメントの推進に向けたプロジェクト「TechShop Inside! - Powered by Fujitsu」の開始を発表。デジタル工作機械などを搭載したトレーラーで教育機関を訪問し、生徒たちにモノづくりの体験を提供する。

[MONOist]
120_rk_141208_fujitsu.jpg

 富士通は2014年12月8日、モノづくりに関するワークショップや会員制工房の運営を手掛ける米TechShopと共同で、米国におけるメイカーズムーブメントの推進に向けたプロジェクト「TechShop Inside! - Powered by Fujitsu」(以下、TechShop Inside)を同年12月5日(米国時間)より開始したと発表した。3Dプリンタなど、デジタル工作機械などを搭載したトレーラーで教育機関を訪問し、生徒たちにモノづくりの体験を提供する。

rk_141208_fujitsu01.jpg 「TechShop Inside! - Powered by Fujitsu」で利用されるトレーラー 出典:富士通

 全長7mのトレーラーには、小型の3Dプリンタやレーザーカッター、PC、タブレット端末などが備えられているという。TechShop Insideの運営は、TechShopと富士通のグループ会社である富士通研究所の米国拠点、Fujitsu Laboratories of Americaが共同で行う。既にサンフランシスコ市の一部の教育機関では、TechShop Insideを活用したプログラミング教育の導入を検討しているという。

 富士通 執行役員常務 松本端午氏はTechShop Insideについて、「富士通は、人々にモノづくりの機会を与えることが、どのようにイノベーションにつながるかということに関してのノウハウを持ってる。TechShopとの協業を通じて、一人一人の子どもたちが自らの手で実際にモノづくりを経験できる体験学習の環境を提供していく。このように、次の時代担う若い世代を支援することは、世界が直面する多くの課題に取り組むためにも非常に重要なステップだと考えてる」とコメントしている。

 TechShopは2014年7月に、2015年内に富士通との提携による日本進出を発表している。両社の戦略的パートナーシップに基づく試みであるTechShop Insideは、現時点では米国のみの展開となるが、TechShopの日本進出への足掛かりとなるかもしれない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.