ニュース
» 2014年12月11日 07時00分 UPDATE

FAニュース:オークマ、難削材加工の新技術「シンクロドライビング」を開発

オークマが開発した「シンクロドライビング」技術は、工具の回転と送り速度を最適制御することで、工具の一刃当たりの切削力を均等化するもの。加工条件の向上、加工時間短縮による生産性向上に加え、工具の振れ問題を解決できる。

[MONOist]

 オークマは2014年11月14日、難削材加工の生産性を向上させる新技術「シンクロドライビング」を開発したと発表した。5軸制御マシニングセンタや複合加工機に適用し、航空機市場を中心とした需要に対応するという。

 シンクロドライビング技術は、工具の回転と送り速度を最適制御することで、工具の一刃当たりの切削力を均等化するもの。加工条件の向上、加工時間短縮による生産性向上に加え、刃先のバラつきによるチッピング(刃先の折損)などの工具の振れ問題を解決できる。

 工具1本当たりの切削除去量は、チタン材加工時は制御なしの場合の2.3倍、ステンレス材加工時は5.2倍と大幅に向上した。工具寿命を延ばすことで、投資コストが削減可能だという。

 チッピング回避のために使用していた高価なソリッド工具に対し、インサート式工具で難削材加工の高生産性加工が可能となったため、工具費が5分の1から10分の1に削減できるという。

photophoto (左)チタン材加工時:2.3倍、(右)ステンレス材加工時:5.2倍

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

切削加工 | 生産性 | FA | FAニュース | 工場


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.