ニュース
» 2014年12月11日 08時00分 UPDATE

電気自動車:横方向に走りその場で回る電気自動車、世界で初めてナンバーを取得

NTNは、独自開発のインホイールモーターシステムを搭載する電気自動車「Q’mo(キューモ)」が軽自動車のナンバープレートを取得し、公道走行が可能になったと発表した。キューモは、その場回転や横方向移動が可能で、「このような従来にはない動きをする自動車がナンバープレートを取得したのは世界初」(NTN)だという。

[MONOist]

 NTNは2014年12月10日、同社が独自に開発したインホイールモーターシステムを搭載する電気自動車(EV)「Q’mo(キューモ)」が軽自動車のナンバープレートを取得し、公道走行が可能になったと発表した。キューモは、インホイールモーターの特徴を生かし、その場で回転したり、車両の方向を変えない状態で横方向に移動したりできるEV。「このような従来にはない動きをする自動車がナンバープレートを取得したのは世界初」(NTN)だという。

軽自動車ナンバープレートを取得した「キューモ」 軽自動車ナンバープレートを取得した「キューモ」(クリックで拡大) 出典:NTN

 キューモは、後輪側の2輪それぞれに組み込んだインホイールモーターを使って、通常の走行だけでなく、その場回転や、横方向移動を行える「マルチドライビング・システム」を搭載したEVである。「東京モーターショー2013」に出展した「Q’moII」では、4輪全てにインホイールモーターを組み込んでいたが、今回ナンバーを取得したキューモのマルチドライビング・システムは、後輪2輪で同じ機能を実現した。

「マルチドライビング・システム」の仕組み 「マルチドライビング・システム」の仕組み(クリックで拡大) 出典:NTN

 外形寸法は全長2395×全幅1290×全高1600mmで、車両重量は675kg。両輪合わせたモーターの最高出力は16kWで、最高速度は時速70kmである。満充電状態からの走行距離は50kmとなっている。乗車定員は2人で、国土交通省が導入を推進している超小型モビリティに適合したEVとして軽自動車ナンバーを取得した。

 従来の自動車にない動き以外にも、車輪の中にモーターを収めるインホイールモーターの採用で小さな外形寸法ながら広い車室を確保できている。またマルチドライビング・システムにより、車輪ごとの駆動制御も可能なので、滑りやすい路面などでも安定した走行が可能だという。

 NTNは今後、キューモの市場開拓を行うため、全国で試乗会を開催する方針。街中での近距離移動や、観光地、空港、工場といった敷地内の移動といった用途での活用提案を進める。併せて、マルチドライビング・システムを、自動運転や自動駐車といった新しい技術と融合できるよう、自動車メーカーや超小型モビリティの開発に取り組む企業に提案していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.