ニュース
» 2014年12月12日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:日立、情報・通信システム事業の国内製造拠点を再編

情報・通信システム事業の国内製造拠点を再編し、小田原拠点の全製造機能を2016年9月末までに秦野拠点に統合する。統合により、秦野拠点を全面的に刷新・拡張し、高効率の統合製造ラインを構築する。

[MONOist]

 日立製作所は2014年11月25日、情報・通信システム事業の国内製造拠点を再編し、生産体制を強化すると発表した。ITプラットフォーム関連製品の国内製造3拠点(神奈川県小田原市・秦野市、福島県郡山市)のうち、ストレージ装置などを製造する小田原拠点の全製造機能を、2016年9月末までにサーバや通信ネットワーク装置を製造する秦野拠点に統合する。

 今回の統合により、秦野拠点を全面的に刷新・拡張し、高効率の統合製造ラインを構築する。分散していたサーバやストレージ、通信ネットワーク機器の生産ラインを統合し、生産管理工程などを最適化する他、最新の自動倉庫を中心とした部品管理、搬送・供給システムを新たに導入する。部品受け入れから保管・配膳までの構内物流を自動化することで、生産効率の向上を図るという。

 今後は、秦野拠点・郡山拠点の国内2拠点をマザー工場とし、米国1拠点、欧州1拠点の生産体制によるグローバルサプライチェーンや事業継続性を強化し、ITプラットフォーム事業のグローバル展開を推進する。

 また、日立オムロンターミナルソリューションズの旭本社と豊川事業所に分散するATM・端末事業関連の生産機能を、2016年3月末までに旭本社に統合する。拠点間のオペレーションコストの最適化と生産効率の向上を図り、旭本社の設計・品質保証部門と製造部門の連携を強化する。合わせて、日立オムロンのATM・端末事業関連製品向けのプリント基板への電子部品実装(PCBA)工程を、日立情報通信マニュファクチャリングに移管する。

 なお日立では、これらの取り組みに加え、2014年10月には社内カンパニーであるインフラシステムの情報システム事業の一部を情報・通信システム社に統合。さらに2015年4月には、日立ソリューションズの社会・金融・公共分野のシステムソリューション事業を社内カンパニーの情報・通信システムへ統合する予定だという。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.