ニュース
» 2014年12月15日 07時00分 UPDATE

FAニュース:ジェイテクト、「大形軸受技術開発センター」を本格稼働

大形軸受を評価・解析するための「大形軸受技術開発センター」の本格稼働を開始した。「風力発電装置用超大形軸受試験機」「高速鉄道車両用軸受試験機」「鉄鋼設備用軸受試験機」を導入し、実機に近い環境を再現した評価が可能になった。

[MONOist]

 ジェイテクトは2014年11月28日、産業機械分野で使用される大形軸受を評価・解析する「大形軸受技術開発センター」を開設し、本格稼働を開始したと発表した。

 これまで大形軸受は、机上の検討と基礎評価後、ユーザーの実機で評価実験をするのが一般的だった。同センターでは、「風力発電装置用超大形軸受試験機」「高速鉄道車両用軸受試験機」「鉄鋼設備用軸受試験機」を導入し、実機に近い環境を再現した評価が可能になった。また、シミュレーション精度も向上し、今後はより信頼性の高い軸受を短期間で開発していくという。

 同センターに導入された風力発電装置用超大形軸受試験機は、軸受外径φ2.5m、5MWクラスの風車に対応するもの。実機風車と同じ位置での荷重負荷を再現し、回転中の荷重・転動体挙動測定、潤滑状態の観察が可能になった。評価結果とCAE解析を組み合わせることで、解析精度が向上し、評価期間も短縮できる。

 高速鉄道車両用軸受試験機では、実車両で記録した速度・振動・カーブ時の車軸の動きなどを忠実に再現したシミュレーションや、時速400kmを超える評価試験が可能だ。

 さらに鉄鋼設備用軸受試験機は、実機サイズでの評価、実機運転状況、周辺環境の再現が可能で、大量流水・高速回転、低粘度潤滑・高荷重などの実機環境での損傷を再現できる。

 建屋も含めた同センターの総投資額は約20億円で、所在地は大阪府柏原市。同社では、今後同センターを中心に、産業機械分野向け軸受の商品開発を強化するという。

photo
photo
photo
photo
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

風力発電 | FA | FAニュース | 製造業


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.