ニュース
» 2014年12月15日 12時45分 UPDATE

医療機器 メルマガ 編集後記:医療分野で利用される新たな発電技術

太陽光発電とか風力発電とかではありません。

[朴尚洙,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2014年12月15日発行の「医療機器 メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


医療分野で利用される新たな発電技術

 エレクトロニクス業界では、環境発電(エナジーハーベスティング)という技術に注目が集まっています。

 これから始まるIoT(モノのインターネット)時代には、全てのモノにセンサーと通信機能が搭載されると言われていますが、それらを動作させる電力の供給源が課題になっています。電池を使うと、消費電力をどれほど少なくしても、最後には電力が尽きてしまいます。しかし、建築物などに埋め込む監視用のセンサーなどは10年以上動作させなくてはならない上に交換することもできません。電池では限界があるのです。

 環境発電は、そのモノの周辺環境から加わるさまざまなエネルギーを電力に変換する仕組みです。半永久的にモノを動作させられる可能性もあることから、注目を集めているわけです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.