ニュース
» 2014年12月16日 07時00分 UPDATE

医療機器ニュース:ライフテクノロジーズジャパン、遺伝子解析装置を日本で医療機器化

サーモフィッシャーサイエンティフィックの遺伝子解析装置「イオントレント Ion PGM Dx」を、日本でも医療機器として発売する。遺伝学的疾患・感染症・がんリスク診断のための高度な遺伝子解析ができる。

[MONOist]

 ライフテクノロジーズジャパンは2014年11月18日、遺伝子解析装置の「イオントレント Ion PGM Dx」の医療機器化が完了したと発表した。2014年12月から日本国内で発売を開始する。

 Ion PGM Dxは、同社がグループの一員となっている科学サービス企業のサーモフィッシャーサイエンティフィックの製品。すでに欧米では、医療機器として登録されているが、今回、日本でも医療機器化された。

 同機器は、末梢全血検体を用いてヒトゲノムのDNAをターゲットシーケンスすることで、遺伝学的疾患や感染症、がんリスク診断などのための高度な遺伝子解析ができる。わずかな検体でもより早く、より精度の高いバリアント解析が可能になった。これにより、各疾患の検出やモニタリング、治療法開発に貢献できる。

 遺伝子解析装置本体と付属品で構成され、別売りの「Ion 318 Dx chip」をセットすることで、1回の稼働で約7億塩基、400万リード以上のデータを出力できる(200base-read時)。同社によると、同機器は基礎研究領域では日本を含む世界で信頼を確立しているIon Torrentテクノロジーを基盤とし、医療目的で使用できるよう検証(バリデーション)され、GMP認証工場で製造されているという。

photo イオントレント Ion PGM Dx

関連キーワード

遺伝子 | ゲノム | 感染症 | 診断


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.