ニュース
» 2014年12月17日 07時00分 UPDATE

FAニュース:デジタル、遠隔監視用「Pro-face Remote HMI」の機能を拡張・強化

遠隔から製造現場の表示器画面を監視・操作できるソフトウェアで、複数台同時接続とアラーム通知機能を強化した。複数の担当者が異なる情報をいつ・どこででも表示器の画面で監視・操作でき、作業が効率化できる。

[MONOist]

 デジタルは2014年12月5日、遠隔監視ソフトウェア「Pro-face Remote HMI」Ver.1.41を同年11月28日に発売したと発表した。遠隔から製造現場の表示器画面を監視・操作できるもので、複数台同時接続とアラーム通知機能を強化した。

 今回バージョンアップされたPro-face Remote HMIでは、iPhone/iPad/iPod touchやAndroid OS搭載のスマートフォン・タブレット上で、1台の表示器を同時に監視・確認可能で、最大100台の表示器を登録できる。これにより、製造現場のオペレータやメンテナンス担当などが、場所や時間を問わずに情報を表示器の画面で監視・操作できることで、作業が効率化できるとしている。

 また、現場の表示器と同じ画面を表示する「同期モード」、異なる画面を表示する「非同期モード」も搭載した。表示器側とスマートフォンやタブレット端末側で数秒タッチ操作を占有する機能もあり、誤操作も防止できる。強化されたアラーム通知機能では、複数装置でエラーが発生した場合にも、迅速に画面確認ができる。

 参考標準価格(税抜き)は1万円で、2014年12月25日まではキャンペーン価格の2000円で購入できる。App Store、Google Playなどのアプリケーション配信サイトで販売し、すでにPro-face Remote HMIを購入済みの場合は無償ダウンロードできる。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.