ニュース
» 2014年12月17日 11時00分 UPDATE

燃料電池車:燃料電池セルの空気極側流路を3次元構造に、トヨタ車体が「ミライ」向けに開発

トヨタ車体は、トヨタ自動車が発売した燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の燃料電池スタックに用いられている基幹部品「3Dファインメッシュ流路」の開発・生産を始めたと発表した。

[MONOist]

 トヨタ車体は2014年12月16日、トヨタ自動車が同年12月15日に発売した燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の燃料電池スタックに用いられている基幹部品「3Dファインメッシュ流路」の開発・生産を始めたと発表した。

 3Dファインメッシュ流路は、燃料電池セルの空気極側流路に用いられている、3次元的な微細格子構造を持つ精密プレス加工部品である。トヨタ車体は、トヨタ自動車が燃料電池車の実証実験のため開発した「トヨタFCHV-adv」に搭載していた燃料電池スタック向けにも空気極側流路を供給していた。この時の空気極側流路は、燃料電池スタックでは一般的な溝状流路だったが、今回の3Dファインメッシュ流路は独自の3次元構造を採用。空気(酸素)の拡散性と排水性が向上して、燃料電池セル面内における均一な発電が可能になり、燃料電池スタックの発電効率を従来比2.2倍となる3.1kW/l(リットル)まで高めることに貢献した。

 3Dファインメッシュ流路の複雑な3次元的微細格子構造の連続生産では、トヨタ車体独自の精密・高速プレス加工技術が役立っているという。また同社は、3Dファインメッシュ流路に加えて、燃料電池スタック内の空気極側で空気と冷却水を分離するするセパレータも生産している。

「ミライ」の燃料電池スタックと3Dファインメッシュ流路の構造 「ミライ」の燃料電池スタックと3Dファインメッシュ流路の構造(クリックで拡大) 出典:トヨタ車体

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.