ニュース
» 2014年12月17日 14時37分 UPDATE

組み込み開発ニュース:2メートル先に16インチ、ソニーが40gのアイウェア向けディスプレイモジュール

ソニーがウェアラブル(アイウェア)端末向けの片目用ディスプレイモジュールを開発した。本体は約40gと軽量で既存のメガネやサングラスに装着可能。2メートル先に16インチの映像を投影する「サブディスプレイ」として利用できる。

[MONOist]

 ソニーは2014年12月17日、ウェアラブル(アイウェア)端末向けの片目用ディスプレイモジュールを開発したと発表した。2015年中の量産開始を目指す。

 このモジュールには対角0.23インチ(解像度は640×400ピクセル)/コントラスト比1万:1以上(輝度は800カンデラ/平方メートル以上)の高精細かつ高コントラスト、高輝度な有機ELディスプレイと、ARM Cortex-A7を搭載した処理ユニットを組み合わせながら、モジュールのみで約40gという軽さを実現。メガネやゴーグルに装着した状態でも違和感がないサブディスプレイとしての利用を可能としている。

photo ソニーが開発した片目用ディスプレイモジュール(出展:ソニー)
photo 右側はバッテリーユニット(出展:ソニー)

 専用開発された光学ユニットによって外環境の照明輝度にかかわらずクリアな投影が可能で、映像は「2メートル先の16インチディスプレイ」と同様となる視野角換算対角13度のサイズで投影される。モジュールには各種センサー(電子コンパス、加速度センサー、タッチセンサー)と無線機能(Bluetooth 3.0+High Speed、IEEE 802.11b/g/n)も搭載する。

 ARM Cortex-A7の処理能力を生かしたさまざまな端末およびソリューションを提供するため、ソフトウェア開発キット(SDK)も提供する。加えて機器連携のための通信仕様も公開し、スマートフォンやタブレットなどと本製品を組み合わせた製品の開発も加速させる考えだ。

photo スポーツでの活用例(出展:ソニー)

 本モジュールは2015年1月6日から米ラスベガスで開催される展示会「2015 International CES」にて公開し、スポーツでの活用を提案するコンセプトモデルも併せて参考展示する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.