連載
» 2014年12月19日 14時38分 UPDATE

組み込み開発ニュース:低価格ラズパイ「Raspberry Pi Model A+」、アールエスコンポーネンツが販売開始

“20ドルラズパイ”として発表された、「Raspberry Pi」の新型「Raspberry Pi Model A+」をアールエスコンポーネンツが販売開始する。

[MONOist]

 アールエスコンポーネンツは2014年12月19日、Raspberry Piの新モデル「Raspberry Pi Model A+」を同日より販売開始すると発表した。同社直販サイト「RSオンライン」での販売価格は2620円(税別)。

 Raspberry Pi Model A+は「Model A」と同じくBroadcomのSoC「BCM2835」と256MバイトのRAMを搭載しながらも小型化が進められ(ボードサイズは65×56mm)、また、「Model B」と同様の電源アーキテクチャを採用することで省電力化も果たした。Model B+と同仕様の40ピンGPIOを搭載しており、機能拡張も容易に行える。

photo 「Raspberry Pi Model A+」

 Raspberry Pi Model A+はRaspberry Pi Foundationの公式ブログが2014年11月10日(英国時間)にアナウンスした新製品(Raspberry Pi Model A+ on sale now at $20)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.