ニュース
» 2014年12月22日 07時00分 UPDATE

医療機器ニュース:連続7日間の心電波形伝送が可能な小型心電計を開発

東北大のシーズ(植え込み型除細動器のためのソフトウェア技術)を応用し、イメージワン、リアルデザインと共同で開発・製品化。医療従事者が、スマートフォンなどで、「いつでも」「どこでも」リアルタイムに心電波形を確認できる。

[MONOist]

 東北大学は2014年12月8日、イメージワン、リアルデザインと共同で、電池交換なしで連続7日間の心電波形伝送が可能な小型のテレメトリー式心電計「duranta(デュランタ)」を開発・製品化したと発表した。科学技術振興機構の復興促進プログラムの支援を受けたもので、同月12日にイメージワンから発売している。

 現在、慢性期医療における「在宅医療」の充実は、今後の医療で有力な選択肢として注目されている。しかし、在宅医療の現場では、緊急時連絡は患者家族からの連絡によるもので、医師などの医療従事者が患者のバイタルデータをリアルタイムで客観的に把握する手段が不足しているという。

 今回開発されたdurantaは、東北大学サイバーサイエンスセンター先端情報技術研究部の吉澤誠教授とリアルデザインの開発チームの研究成果で、東北大のシーズ(植え込み型除細動器のためのソフトウェア技術)を応用した。

 患者の胸部に付けたdurantaから、心電波形をBluetoothで患者のそばに置いたスマートフォンなどの中継機に送信し、そのデータを外部の管理者用サーバに転送して集中管理する。医療従事者は、この伝送された心電波形を、スマートフォンなどを通じて「いつでも」「どこでも」リアルタイムに確認できる。また、心拍の異常時には、アラームを表示画面やメールで通報する機能もある。

 被災地を中心とした東北沿岸地域で行われた実証実験では、患者、家族、医療従事者の3者が、心電図を見ながら容態を確認する「コミュニケーションツール」として有効な効果を得られたという。

 今後は、在宅医療や介護福祉分野における医療従事者の負担軽減や、医療・介護などの質の向上を目指し、日本全国へ事業展開する。またイメージワンでは、欧州各国での事業展開や台湾でのテスト運用を2015年1月から開始する予定だ。

photo ネットワーク構成図
photo 機器の装着イメージと表示画面

関連キーワード

医療 | 東北大学 | 医療機器ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.