ニュース
» 2014年12月24日 07時00分 UPDATE

医療技術ニュース:Muse細胞によるヒト3次元培養皮膚を実用化

Muse細胞から皮膚のメラニン色素を産生する、ヒトのメラニン産生細胞を安定的に作り出す方法を開発。さらに、そのメラニン産生細胞を用いて、ヒト3次元培養皮膚を作製する技術も確立した。

[MONOist]

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2014年12月11日、東北大学、Clioなどのグループと共同で、Muse細胞を用いたヒト3次元培養皮膚を製造する技術を確立したと発表した。

 Muse細胞は、皮膚・骨髄・脂肪などに存在する腫瘍性を持たない多能性幹細胞で、2010年に東北大学大学院医学系研究科の出澤真理教授らのグループに発見された。生体内で傷害を受けた組織を自発的に修復する働きを持ち、安全で有効性の高い再生医療を可能にするものとして期待されている。

 一方、皮膚において重要な役割を果たすヒトのメラニン産生細胞は、大量培養が難しく、メラニン産生細胞を含むヒトの3次元培養皮膚の安定的な製造は困難とされていた。

 今回開発されたのは、培養したMuse細胞から皮膚のメラニン色素を産生するヒトのメラニン産生細胞を安定的に作り出す技術。また、このメラニン産生細胞を用いて、ヒト3次元培養皮膚を作製する技術も確立した。

 Clioでは、同技術をDSファーマバイオメディカルにライセンスし、医薬品・化粧品などの開発におけるスクリーニングや製品性能検証などの用途に用いるキットを開発し、2015年1月15日から販売する。

 この実用化により、医薬品・化粧品などの開発時、動物実験ではなくヒトの皮膚により近い培養皮膚を用いた製品機能の検証が可能になる。さらに、医薬品・化粧品などによる白斑症などの副作用や、化粧品の美白効果も検証できるようになり、安全性・効能の高い製品開発が期待できるという。

photo Muse細胞からヒト3次元培養皮膚による医薬品・化粧品などの研究・開発用キット作製の流れ
photo Muse細胞を用いて作製したヒト培養皮膚とヒト本来の皮膚の比較

関連キーワード

NEDO | 医療 | 再生医療 | 医療技術


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.