ニュース
» 2014年12月24日 13時00分 UPDATE

パトカーじゃない:自動運転車の完成版はヘッドランプが付いた、手動での運転も可能に

Googleは、同社のGoogle+ページにおいて、2014年5月に発表した新たな自動運転車の完成版を披露した。

[MONOist]

 Googleは2014年12月22日(米国時間)、同社のGoogle+ページにおいて、同年5月に発表した新たな自動運転車の完成版を披露した。

 同社によると、5月に発表した車両は開発途上のモックアップで、ヘッドランプなどが装備されていなかったという。また以前の車両では、レーザースキャナーをいったん架台に置いてから屋根部に設置していたが、今回は架台がなく屋根部にそのままレーザースキャナー組み付けられている。パトカーのように見えなくもない。


Googleの新しい自動運転車の完成版2014年5月発表時のGoogleの新しい自動運転車 Googleの新しい自動運転車。左側の写真が今回発表した完成版で、右側の写真が5月発表のもの(クリックで拡大) 出典:Google

 同社の自動運転車開発プロジェクトでは、この自動運転車の完成版を使ってテストコースでの試験走行を行い、2015年にはカリフォルニア州北部の公道で走行させたいとしている。

 また2014年5月の発表時点では、この新たな自動運転車は、ステアリングもブレーキも持たないことを最大の特徴としていた。しかし、公道走行に用いる完成版の車両には、必要があればドライバーが運転制御できる機構も設置してあるという。

関連キーワード

Google | 自動走行車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.