ニュース
» 2014年12月25日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:エプソンがフィリピンに新工場を建設、プリンタなどの生産体制を強化

インクジェットプリンタとプロジェクターの生産拡大のため、フィリピンに新工場を建設する。2016年までに123億円を投資し、2017年初頭に竣工、同年春に稼働を開始する予定。

[MONOist]

 セイコーエプソンは2014年12月3日、フィリピンの製造子会社Epson Precision(Philippines)(以下、EPPI)の敷地内に、インクジェットプリンタとプロジェクタの新工場を建設すると発表した。2016年までに123億円を投資し、2017年初頭に竣工、同年春に稼働を開始する予定。

 現在、インクジェットプリンタは、大容量インクタンク搭載プリンタの急成長、オフィス向けインクジェットプリンタの伸びにより、今後も大幅な生産数量の増加が見込まれるという。また、プロジェクタについても、企業向けや教育向け、商業利用などの用途拡大、新興国市場への浸透など、市場が急成長している。

 今回の新工場建設は、こうした生産数量増加に対応するためで、既にある中国とインドネシア、フィリピンの生産拠点と合わせて、生産拡大に向けた増産体制を整備する。

 建物面積は約10万m2で、最新鋭で最高効率のオペレーションを目指すという。屋根部分には、EPPI全社が昼間使用する電力の半分程度をカバーできる、約3000kWhの能力を持つメガソーラー発電設備を設置する。

 主な生産品目は、インクジェットプリンタ、プロジェクタ、スマートグラスで、増産に対応するため、従業員数は現在の約1万2500人から最終的に2万人の体制にするという。

photo Epson Precision(Philippines)、青色部分が新工場建設予定地

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.