ニュース
» 2014年12月25日 13時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:VAIOブランドのスマホが登場へ

ソニーから独立したVAIOは、日本通信との協業により、スマートフォン事業に参入することを発表した。

[MONOist]

 VAIOと日本通信は2014年12月25日、スマートフォンの展開において協業することを発表した。日本通信が構想する「通信とハードウェアを組み合わせたソリューションに必要なモバイル機器(モバイルネットワーク機能を内蔵する機器)」を共同で開発する。

 VAIOは、ソニーからVAIOブランドとPC事業を継承し2014年7月1日に「VAIO株式会社」として事業を開始(関連記事:最後発のPCベンチャー「VAIO」が選んだ“切り込み隊長”として生きる道)。新会社として、新たな製品開発やソリューションの開発に力を入れている。

 両社の協業は、「モバイルネットワークを使ったコンピューティングの在り方を追求し新たな市場を創出する」(リリース文)ことを目指したもので、その一環として2015年1月にVAIOブランドのスマートフォンを日本市場に投入するとしている。

 一部報道では「5型のAndroid端末で、価格は中級機クラス」との端末情報もあったがVAIOの担当者は「憶測(おくそく)記事であり、当社の関知するものではない。正式な発表は2015年1月に行う」と述べている。

photo VAIOが発足会見で述べた基本方針(クリックで拡大)※出典:VAIO

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.