ニュース
» 2014年12月25日 15時00分 UPDATE

東京オートサロン2015:新型「アルト」のターボモデルを披露、「ハスラー」にバリエーション

スズキは、カスタムカーの展示会「東京オートサロン2015 with NAPAC」において、新型「アルト」のターボエンジン搭載モデルを用いたカスタムカーを披露する。

[MONOist]

 スズキは2014年12月25日、カスタムカーの展示会「東京オートサロン2015 with NAPAC」(2015年1月9〜11日、幕張メッセ)において、同年12月22日に発売した新型「アルト」のターボエンジン搭載モデルを用いたカスタムカーを披露すると発表した。

 新型アルトは、37.0km/l(リットル)という良好なJC08モード燃費もさることながら、デザインを一新したことも特徴になっている。今回披露するのは、2015年春に投入予定のターボエンジン搭載モデルをカスタマイズした「新型アルト ターボRS コンセプト」だ。レカロシートや17インチアルミホイールを装備するとともに足周りをチューニングしており、「鋭いレスポンスと高いコーナリング性能で操る楽しみを提案するモデル」(スズキ)だという。

スズキの「新型アルト ターボRS コンセプト」 スズキの「新型アルト ターボRS コンセプト」(クリックで拡大) 出典:スズキ

 この他、販売が好調なSUVタイプの軽自動車「ハスラー」のバリエーションを2台展示する。「ハスラー ロードバイクスタイル」は、イエローメタリックのボディカラーとブラックパールのルーフカラーを2トーンで採用し、アクティブでスポーティーなイメージを表現した。車高を下げ、17インチのアルミホイールやメッキパーツを装着し、よりスポーティーにカスタマイズすることで、ハスラーとロードバイクのあるライフスタイルを提案する。

 「ハスラー アウトドアスタイル」は、グリーンメタリックのボディカラーとホワイトパールのルーフカラーを2トーンで採用。さらにハスラーのカラフルなボディカラーをモチーフにしたデカールをアクセントに施し、大自然の中で活発に楽しむイメージを表現した。車高を上げ、サイドガーニッシュやリングイルミネーション付きフォグランプを装着し、海や山など大自然の中でアウトドアを楽しむことを提案する。

「ハスラー ロードバイクスタイル」「ハスラー アウトドアスタイル」 「ハスラー ロードバイクスタイル」(左)と「ハスラー アウトドアスタイル」(クリックで拡大) 出典:スズキ

関連キーワード

スズキ | 東京オートサロン | 軽自動車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.