ニュース
» 2015年01月05日 14時00分 UPDATE

東京オートサロン2015:軽スポーツ「コペン」をサードパーティーがデザイン、待望の丸目もお目見え

ダイハツ工業は、カスタムカーの展示会「東京オートサロン2015 with NAPAC」において、軽スポーツカー「コペン」におけるサードパーティーとの連携の成果を披露する。また2015年半ばの発売を予定している初代コペンと同じ丸目のヘッドランプが特徴の第3のモデルも展示する。

[MONOist]

 ダイハツ工業は2014年12月24日、カスタムカーの展示会「東京オートサロン2015 with NAPAC」(2015年1月9〜11日、幕張メッセ)において、軽スポーツカー「コペン」におけるサードパーティーとの連携の成果を披露する。

 2014年6月発売のコペンは、樹脂製の外板をスマートフォンカバーのように着せ替えられる「DRESS-FORMATION」が特徴の1つとなっている。ダイハツ工業は、独自のデザインやアイデアを具体化できるように、コペンの骨格情報や意匠情報をサードパーティーに提供する方針を示しており、今回の展示はその具体的な成果を示す場となる(関連記事:新型「コペン」の樹脂外板関連の設計データ、ダイハツが一般ユーザーにも提供へ)。

 東京オートサロン2015では、SEICO、TAMONDESIGN、SPK、新潟県三条市がデザインしたコペンを展示する。

 SEICOは「コペン ローブ」をベースに、自分で作り上げたくなる大人のホビースタイルの車両をデザインした。2種類ある車両後部のトランクトップを着せ替えることで、印象がガラリと変わるとしている。

「COPEN Robe×SEICO」「COPEN Robe×SEICO」のトランクトップ「COPEN Robe×SEICO」のトランクトップ SEICOがデザインした「COPEN Robe×SEICO」。トランクトップを着せ替えられる(クリックで拡大) 出典:ダイハツ工業

 TAMONDESIGNも「コペン ローブ」を使用。低重心・ワイド感を強調したスタイルの車両を展示する。SPKは2014年11月発売の「コペン エクスプレイ」を使った3つのモデルを出展する。

TAMONDESIGNが手掛けた「COPEN Robe×TAMONDESIGN」TAMONDESIGNが手掛けた「COPEN Robe×TAMONDESIGN」 TAMONDESIGNが手掛けた「COPEN Robe×TAMONDESIGN」(クリックで拡大) 出典:ダイハツ工業

 金属加工を得意とする新潟県三条市は、「LOVE SANJO with COPEN」をテーマに、「プロジェクトC」と「プロジェクトG」、2種類の展示を行う(関連記事:新型「コペン」と新潟県三条市がタッグ、CFRP製外板パーツを開発へ)。プロジェクトCでは、炭素繊維強化樹脂(CFRP)とステンレスを組み合わせたボンネットフードやカーゴトレーラーを製作した。一方、プロジェクトGは、カスタマイズできる壁面収納ユニットと本格ツールシリーズの製作を行い「コペンとともに暮らす人々のガレージライフ」を表現したという。

新潟県三条市による「プロジェクトC」新潟県三条市による「プロジェクトC」 新潟県三条市による「プロジェクトC」。Cは、ボンネットフードに用いたCFRPとカーゴトレーラーの頭文字を意味している(クリックで拡大) 出典:ダイハツ工業

 これらの他、東京オートサロン2015では2015年半ばの発売を予定している第3のモデルの展示も行う。初代コペンと同じ丸目のヘッドランプが特徴で、ユーザーに待望されているモデルである。

「コペン」の第3のモデル 「コペン」の第3のモデル(クリックで拡大) 出典:ダイハツ工業

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.