ニュース
» 2015年01月06日 07時00分 UPDATE

FAニュース:1台で最大4回路まで計測できる小型電力量モニタが発売

オムロンの発売する「小型電力量モニタ(KM-N1)」は、上位システムとの親和性を追求し、「マルチユニット通信システム」を搭載した。1台で複数回路の計測が可能で、電灯・OA機器などの回路は最大4回路、動力回路は最大2回路まで計測できる。

[MONOist]

 オムロンは2014年12月16日、最大4回路まで計測できる「小型電力量モニタ(KM-N1)」を発表した。発売は2015年1月5日の予定。

 今回発売された小型電力量モニタは、上位システムとの親和性を追求し、「マルチユニット通信システム」を搭載した。これにより、上位システムから単回路電力量モニタが複数あるよう設定できるため、通信システムの構築や計測個所の追加が容易にできる。上位システムへのデータ伝送は、RS485通信と積算電力パルス出力の2方式を採用した。

 また、1台で複数回路の計測が可能で、電灯・OA機器などの回路(単相2線式)は最大4回路、空調機などの動力回路(三相3線式)は最大2回路まで計測できる。相が異なる複数の計測も可能で、省コスト・省スペースにも貢献できる。

 さらに、電流・電圧計測精度±0.5%FS、電力計測精度±1.0%FSと、同社従来機の2倍となる計測精度を可能にした。サイズは高さ90mm×幅22.5mm×奥行き56mmと小型で、設置スペースや厚みの少ない分電盤にも設置できる。センサー用ケーブルには、ワンタッチコネクタ方式を採用し、熟練者でなくても簡単に施工できる。

 標準価格は1万4500円で、同社では3年間で累計8万台の販売を目指すという。

photo 幅22.5mm×高さ90mm×奥行き56mm/約80g

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

オムロン | FAニュース | 電力計


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.