ニュース
» 2015年01月07日 10時00分 UPDATE

オートモーティブワールド2015 開催直前情報:センサー技術でクルマの安全と快適を支える村田製作所

村田製作所は「オートモーティブワールド2015」において、「Safety」「Connected Car」「Comfort」の3つのテーマを中心に、車載電子機器向けのソリューションや電子部品を展示する。

[MONOist]

 村田製作所は自動車技術の展示会「オートモーティブワールド2015」(2015年1月14〜16日、東京ビッグサイト)内の「第7回国際カーエレクトロニクス技術展」において、「Safety」「Connected Car」「Comfort」の3つのテーマを中心に、車載電子機器向けのソリューションや電子部品を展示する。

 「Safety」では、ジャイロセンサーと加速度センサーを一体化したジャイロコンボセンサー「SCC2000」シリーズや駐車支援システム向けの超音波センサーなど、クルマの電子制御に利用するセンサー機器を展示する。「Comfort」をテーマにした展示では、クルマの計器類などに利用するロータリーポジションセンサーや、車両内への侵入を防ぐ防犯システム向けの超音波センサーが紹介される予定だ。

rk_150106_murata01.jpg ジャイロコンボセンサー「SCC2000」シリーズ 出典:村田製作所

 「Connected Car」では、Wi-FiやBluetoothを利用する通信モジュールとMiracastを組み合わせたソリューションや、車載用SAW(Surface Acoustic Wave)フィルタ、ESD(Electrostatic Discharge)保護デバイスなどを展示する。この他に、電気自動車やハイブリッド車向けのDC-DCコンバータやパワーモジュールに加え、車載向け受動部品の品質規格である「AEC-Q200」に対応する水晶振動子やセラミックコンデンサも展示する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.