ニュース
» 2015年01月07日 13時00分 UPDATE

ウェアラブル:「先制医療」実現目指し、JINSとオムロンヘルスケアが共同プロジェクト

JINSブランドを展開するジェイアイエヌと、体組織計などを製造するオムロンヘルスケアがジェイアイエヌのウェアラブルデバイス「JINS MEME」をベースにした、「先制医療」実現を目指した取り組みを開始する。

[MONOist]

 「JINS」ブランドのアイウェアを展開するジェイアイエヌは2015年1月7日、ヘルスケア市場への製品展開について、オムロンヘルスケアとの共同プロジェクトを発足すると発表した。

 同社が2015年秋の販売開始を予定している3点式眼電位センサーを搭載した「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」をプラットフォームとし、オムロンヘルスケアの持つ生体計測/解析技術を応用したJINS MEME対応の拡張デバイスを開発することで、潜在的な病気やケガの予兆を察して対応する「先制医療」の実現を狙う。

photo

 体温計や体重組織計、活動量計、血圧計など各種のセンシングデバイスを開発販売するオムロンヘルスケアとしては、JINS MEMEの「付加価値の高い頭部(目および頭)の生体データの取得が可能」「最大16時間の常時センシング」「メガネ型という身に付ける必然性」などの特徴を評価、共同プロジェクトの参加を決定したという。

 JINS MEMEは眼球運動に伴う目の周りの電位差を計測し、「疲れ」や「眠気」などの重要情報を可視化・管理することが可能なウェアラブルデバイス。メガネのテンプルエンド(つるの末端)には、他の機器を接続可能な拡張インタフェースが用意されており、将来的なサードパーティー製品の接続も可能なように考慮されている。

photophoto 「JINS MEME」 テンプルエンドには他機器を接続するための端子が用意されている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.