ニュース
» 2015年01月07日 15時00分 UPDATE

2015 CES:「Snapdragon」のコンセプトカーはキャデラック+Andoridとマセラティ+QNX

Qualcomm(クアルコム)は、「2015 International CES」において、車載情報機器向けプロセッサ「Snapdragon 602A」など同社の車載半導体を用いたコンセプトカーを出展すると発表した。

[MONOist]

 Qualcomm(クアルコム)は2015年1月6日(米国時間)、消費者向けエレクトロニクスの総合展示会「2015 International CES」(2015年1月6〜9日、米国ネバダ州ラスベガス)において、車載情報機器向けプロセッサ「Snapdragon 602A」など同社の車載半導体を用いたコンセプトカーを出展すると発表した。

 同社は前回の「2014 International CES」において、車載情報機器向けプロセッサであるSnapdragon 602Aを筆頭に、Snapdragon 602Aのチップセットとして用いるLTEモデムIC「Gobi 9x15」、802.11acに対応するWi-Fiチップ「QCA6574」、Bluetooth LE 4.0に対応するモジュールなどを発表している(関連記事:クアルコムが車載情報機器向けプロセッサ市場に参入、LTEモデムの実績を生かす)。今回出展するコンセプトカーはこれらの車載半導体をより分かりやすい形でデモンストレーションするためのものだ。

 出展するコンセプトカーは2台ある。1台は、General Motorsの「Cadillac XTS」をベースにしており、ヘッドユニットに組み込む車載情報機器と、メーター部に組み込むデジタルクラスタのプラットフォームにAndroidを採用した。Androidのバージョンは最新の5.0(Android L)と4.4(Kit Kat)に対応している。車載情報機器は、カーナビゲーションや音楽再生だけでなく、LTE通信を用いたモバイル放送「LTEブロードキャスト」によるストリーミングを楽しめる。AllSeen Allianceが提供しているオープンソースフレームワーク「AllJoyn」を用いた、乗員ごとのパーソナライズも可能になっている。

「Cadillac XTS」ベースの「Snapdragon」コンセプトカーの運転席 「Cadillac XTS」ベースの「Snapdragon」コンセプトカーの運転席(クリックで拡大) 出典:クアルコム

 もう1台のコンセプトカーは、Maserati(マセラティ)の「Quattroporte GTS」がベースで、QNX Software SystemsのリアルタイムOS「Neutrino」や車載情報機器向けプラットフォーム「QNX CAR」を採用している。デジタルクラスタは、衝突警告や自動駐車機能などの運転支援システムに関する表示が可能で、スマートフォンとの連携が可能なヘッドユニットの車載情報機器で3Dナビゲーションを行える。後席のリヤシートエンタテインメントシステムはタッチ操作と音声認識に対応する。

「Quattroporte GTS」ベースの「Snapdragon」コンセプトカーの運転席 「Quattroporte GTS」ベースの「Snapdragon」コンセプトカーの運転席(クリックで拡大) 出典:クアルコム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.