ニュース
» 2015年01月10日 07時00分 UPDATE

FAニュース:大型自動車部品・住宅材などに対応する400kg可搬ハンドリングロボット

安川電機の「MOTOMAN-MH400II」は、可搬質量を同社従来機種の350kgから400kgに増加し、大型部品・材料のハンドリングを可能にした。また、手首軸の許容モーメントを従来比150%以上、許容慣性モーメント(イナーシャ)を200%以上強化した。

[MONOist]

 安川電機は2014年12月24日、産業用ロボット「MOTOMAN(モートマン)」のラインアップに、新型の400kg可搬ハンドリングロボットを追加し、販売を開始した。

 新発売の「MOTOMAN-MH400II」は、大型ワークの搬送に重要な手首軸の耐荷重を大幅に強化。可搬質量を同社従来機種の350kgから400kgに増加し、自動車用大型部品や治具、住宅パネル・家具材料などの高面積で質量のある材料など、従来同クラスでカバーできなかった大型部品・材料のハンドリングが可能になった。

 また、手首軸の許容モーメントを従来機種に比べ150%以上、許容慣性モーメント(イナーシャ)を200%以上強化した。これにより、把持部分から重心までの距離が長いワークにも対応できる。

 さらに、3m級のロングリーチにより、サイズの大きいワークに対しても、回転・上下方向など、自由度の高い搬送ができる。

 主な用途は、大型自動車部品・住宅材・建機部品などのハンドリングで、価格はオープン。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

ロボット | 安川電機 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.