ニュース
» 2015年01月13日 12時00分 UPDATE

オートモーティブ メルマガ 編集後記:CESは最先端カーエレ技術の展示会になった

もはや世界三大家電ショーと呼ばれていたころとは違います。

[朴尚洙,MONOist]
tt140702kobore_icon120.jpg

 この記事は、2015年1月13日発行の「オートモーティブ メールマガジン」に掲載されたMONOist/EE Times Japan/EDN Japanの編集担当者による編集後記の転載です。


CESは最先端カーエレ技術の展示会になった

 遅ればせながらあけましておめでとうございます。2015年もMONOistならびにオートモーティブメールマガジンをご愛顧のほどよろしくお願いします。

 例年のことではありますが、自動車業界は1月早々から日米の展示会による最新情報であふれ返ります。米国ラスベガスの消費者向けエレクトロニクスの総合展示会「International CES(以下、CES)」を皮切りに、幕張メッセのカスタムカーの展示会「東京オートサロン」、米国デトロイトのモーターショー「北米国際自動車ショー」、そして東京ビッグサイトの自動車技術の展示会「オートモーティブワールド」と、2週の間に立て続けに4つの展示会が開催され、それぞれでさまざまな情報発信や展示が行われるのです。

 これら4つの展示会の中で、2010年以降、自動車メーカーや電機メーカー、半導体メーカーがこぞってカーエレクトロニクスの最新技術を披露するようになったのがCESです。

 ドイツの「IFA」や日本の「CEATEC JAPAN」と並んで三大家電ショーと呼ばれたCESですが、2005年ごろまで自動車関連の出展はカーオーディオ程度でした。しかし、2008年のCESで、General Motorsが基調講演に登壇して燃料電池車のコンセプトカーを初披露したあたりから自動車関連の色が濃くなり始めました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.