ニュース
» 2015年01月13日 13時00分 UPDATE

ウェアラブル:「空中手書き」できる指輪型ウェアラブルデバイス、富士通が実用化

空中で指を動かすだけで文字を書き、メニュー画面を操作する――。富士通研究所が手書き入力機能とNFCタグリーダーを搭載した指輪型ウェアラブルデバイスを開発した。2015年度中の実用化を目指す。

[MONOist]

 富士通研究所は2015年1月13日、手書き入力機能とNFCタグリーダーを搭載した指輪型ウェアラブルデバイスを開発したと発表した。空中で指を動かすだけで文字や数字の入力、メニュー操作などが可能で、各種作業の効率化を期待できる。同社では、2015年中の実用化を目指す。

photo 富士通研究所が開発した指輪型ウェアラブルデバイス
photo 操作ボタンは側面のボタンのみ

 同社は2014年2月にジェスチャ認識とNFCタグリーダーの機能を持つグローブ型ウェアラブルデバイスを発表している(モノに触れるだけで情報が得られる「グローブ型ウェアラブルデバイス」――富士通研)。この度、“作業しながらICTを活用できるウェアラブルデバイス”というコンセプトを継承しながらデバイスを指輪型まで小型軽量化(10グラム以下)した。さらに、作業を中断することなく数字や文字を入力するために、空中で指を動かすだけの手書き文字入力機能を搭載している。

 手書き文字入力については、搭載した加速度センサーなどによって、指先の動きから「文字を書いている」であろう動きを抽出し、指先の軌跡から文字として必要な部分と、不必要な部分を判別する技術を開発。数字であれば、事前の訓練なしに約95%の認識率を達成したという。現在のところ認識可能な文字種類は日本語のみで、内蔵バッテリーで約8時間(NFCタグ認識1500回/文字入力1500字)の利用が可能だ。

photophoto 開発された空中手書き文字入力処理技術の概要(写真=左)、想定する利用シーン(写真=右)

 デバイスはスマートフォンなどの端末とBluetoothで接続され、文字入力やメニュー操作のジェスチャー認識とそれに付随する処理は端末側のアプリケーションによって処理される。NFCタグの読み取りについては、「指輪をはめた指を折り曲げる」ジェスチャーで行える。LEDも搭載しており、アラーム通知などの利用できる。

 空中でのジェスチャー操作を認識する指輪型ウェアラブルデバイスという意味では、家電ベンチャー「Logbar」の「Ring」(家電をジェスチャで操作する“魔法の指輪”――「Ring」が日本上陸 )が耳目を集めたが、同社としてはあくまでもB2B向けの作業支援用デバイスとして位置付けており、使用に際してはHMDと組み合わせ、「NFCで保守対象部品を認識してHMDに情報を表示。検査結果を空中手書きで書いて保存」のような利用方法を想定する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.