ニュース
» 2015年01月15日 07時00分 UPDATE

FAニュース:低振動・高トルクのステッピングドライバを開発

山洋電気の新しいステッピングドライバは、従来製品と比べて振動を約30%低減。また、5相ステッピングモータと組み合わせることで、トルクが約5%向上し、低振動・高トルクでの駆動を可能にした。

[MONOist]

 山洋電気は2014年12月18日、5相ステッピングシステム「SANMOTION F5」のラインアップを拡充し、AC電源入力のステッピングドライバを開発したと発表した。発売は2015年2月1日の予定。

 今回開発されたステッピングドライバは、同社従来製品と比べて振動が約30%低減し、低振動で駆動できる。適合モータは、フランジサイズ42mm角・60mm角・86mm角の3種類で、入力電源AC100V用とAC200V用を用意した。

 同社が2014年11月6日に発表した5相ステッピングモータと組み合わせることで、トルクが約5%向上できる。サイズは同社従来製品と比べて体積を29%低減し、小型ながら高トルクを可能にした。

 また、エンコーダ付きモータを使用することで、位置・速度などの運転状態のモニタができる。これにより、振動や脱調が発生した際の原因究明が容易になった。さらに、モータの電磁ブレーキ用電源を搭載し、開閉タイミングを自動制御できる。

 主に、半導体関連装置・一般産業機械・食品機械・医療装置など向けで、価格はオープン。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | FAニュース | ステッピングモータ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.