ニュース
» 2015年01月15日 13時00分 UPDATE

ウェアラブルEXPO:ハンズフリーで工場作業を容易に! ウェアラブル型ターミナルの示す価値

ウェルキャットは「第1回 ウェアラブルEXPO(装着型デバイス 技術展)」において、2014年11月に販売を開始したハンズフリー型のウェアラブルターミナルをアピールした。工場における部品の受け入れ作業の負担軽減などへ提案を進める。

[三島一孝,MONOist]

 ウェルキャットは「第1回 ウェアラブルEXPO(装着型デバイス 技術展)」(2015年1月14〜16日、東京ビッグサイト)において、2014年11月に発売したばかりの二次元ウェアラブルターミナルを出展し、工場の部品受け入れ作業の負担軽減など、ハンズフリーで実現できる価値を訴求した。

 同社はハンディターミナルやバーコードリーダーなどの専門メーカーで、同分野における多くの導入実績を持つ。これらの顧客企業からのニーズがあり、持たなくても利用できるハンディターミナルとして新たにウェアラブルターミナル「WIT-220-N」を開発。従来のハンディターミナルより大幅に小型・軽量化した他、手首用および手の甲用のアタッチメントを用意し、身に付けた状態で利用できるようにした。

 大きさは高さ85×幅50×厚み19.5mmで、重さはバッテリーを含めて94gと軽量を実現。CPUには32ビットRISC CPU、OSにはμITRONを採用している。メモリはROMが64MB、RAMが128MBで、2.0型のQVGA TFTカラーLCDを搭載している。BluetoothやWi-Fiに対応し、リアルタイムで情報の授受が可能だ。スキャナ部では、一次元および二次元バーコードの読み取りが可能で、ハンディターミナルとしての機能はほぼ備えている。

photo WIT-220-Nの使用イメージ。腕を向けた方向にバーコード読み取り用の光線を照射でき、運搬や作業などで手がふさがっている時でも利用できることが特徴だ(クリックで拡大)

 同社では、「これらの特徴から工具や機械を使いながら認証を行う作業」「大きなモノを運びながら認証を行う作業」「重いモノを運びながら認証を行う作業」「棚出し作業」などを対象に、ウェアラブルによりハンズフリーを実現できる価値を訴求。2014年11月に発売したばかりだが「製造業の工場の部品受け入れや、生産ラインの部品運搬などの用途では引き合いが強い。特にタイヤなどの大型の部品や、ねじなどの小型の部品などで利用が増えている」(ウェルキャット 営業推進部 営業推進課 課長 毛賀澤泰司氏)と語っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.