ニュース
» 2015年01月16日 07時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:取引工場の労働環境に配慮する時代へ! ユニクロが改善計画を発表

ファーストリテイリングは、ユニクロの製品生産に携わる2つの中国関係工場の労働環境について、改善に向けた行動計画を発表した。香港を拠点とするNGO団体が1月11日に公表した報告書を受けてのもの。

[MONOist]

 ファーストリテイリングは2015年1月15日、ユニクロの製品生産に携わる2つの中国関係工場の労働環境について、改善に向けた行動計画を発表した。同計画は、香港を拠点とするNGO団体Students & Scholars Against Corporate Misbehaviour(以下、SACOM)が同年1月11日に公表した報告書を受けてのもの。

 同報告書では、ユニクロ製品の生産に関係する、中国Dongguan Tomwell Garment(以下、Tomwell)およびPacific (PanYu) Textiles(以下、Pacific)の工場における労働環境の問題点が指摘されていた。長時間労働と低賃金、リスクが高く安全ではない職場環境、過酷な管理・懲罰体制、などの点が挙げられている。これらを受けてファーストリテイリングでは、2社への労働環境改善プログラムを実施する。

Tomwellの改善プログラム

 Tomwellに対する工場改善プログラムでは、以下の取り組みを実施する。

  • 全ての労働時間を適正に記録・報告するよう改善を実施するとともに、ファーストリテイリングが生産パートナー向け行動規範で定める基準の下、労働時間を削減する
  • 2015年2月以降、定められた労働時間を守れるよう、生産能力および生産計画の見直しを行う
  • 政府機関による工場内の粉じん量などを測定する空気品質検査を実施し、結果に基づき労働環境改善の具体策を策定・実行する
  • 検査結果に基づき、工場従業員に対し、必要な保護具の着用を義務付ける
  • 工場内の整理整頓を徹底する
  • 罰金および懲罰制度についての調査を実施し、確認された場合には即時廃止する
  • 工員組合を組織し、2015年3月をめどに代表選挙と工員大会を実施する

Pacificの改善プログラム

 一方、Pacificの工場改善プログラムについては、以下の通り。

  • 工場従業員の休暇日数を増やし、2015年7月以降、最低週1日の休日を実現するとともに、労働時間の削減に向けたその他の取り組みを実行する
  • 工場内の温度・湿度を含む労働環境について調査し、改善を実行する
  • 従業員に対し、工場内での適切な保護服および保護具の着用を義務付ける
  • 罰金の徴収や処罰が行われないよう徹底する

指摘されなかった取引先工場についても監視を強化

 これらの2社への取り組みとともに、ファーストリテイリングでは、取引先工場に対して実施している現行の労働環境モニタリングを段階的に強化する方針だ。2015年1月からは、同社生産部による工場訪問を通じ、工場における記録外の残業に対するモニタリングを強化するともに、定められた労働時間に対して適切な内容(発注量、納期)で発注が行われているかを検証する。また、工場内での事故やストライキなど労務トラブル情報がCSR部に即時共有される体制を強化するという。

 2015年2月からは、現在は労働環境モニタリングの対象に含まれない素材工場に対しモニタリングを順次導入する計画。また、外部監査機関およびNGOなどの第三者機関と協力し、抜き打ち監査や聞き取り調査の実施や、従業員の団体交渉権行使を支援する取り組みを行う。2015年3月からは、NGOや他の第三者機関との連携により、工場従業員がファーストリテイリングに対し、工場の労働環境に関する問題を直接告発できるホットラインや、緊急時に工場従業員を保護する制度を順次導入する予定だという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.