ニュース
» 2015年01月19日 07時00分 UPDATE

FAニュース:大容量プログラマブル交流電源(3相PWM)に5機種を追加

計測技術研究所は、大容量プログラマブル交流電源(3相PWM)「6300シリーズ」のラインアップに、出力電力10kVA/20kVA/45kVA/75kVA/180kVAの5機種のモデルを追加した。

[MONOist]

 計測技術研究所は2014年12月25日、大容量プログラマブル交流電源(3相PWM)「6300シリーズ」のラインアップに、「6310P(10kVA)」「6320P(20kVA)」「6345P(45kVA)」「6375P(75kVA)」「63180(180kVA)」の5機種を追加したと発表した。

 6300シリーズは、VVVF(電圧可変、周波数可変)を主用途とするスイッチング方式の電源機器。今回、出力電力容量のニーズに対応するため、新たに出力電力10kVA/20kVA/45kVA/75kVA/180kVAを追加した。

 いずれも出力形式は3相4線式で、最大電圧は300Vとなる。相当たりの最大電流は、6310Pが28.0A、6320Pが56.0A、6345Pが126.0A、6375Pが208.0A、63180が504.0A。標準価格は、それぞれ268万6000円、377万5000円、578万8000円、780万6000円、1646万7000円となる。

photo

関連キーワード

電源 | FAニュース


FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.