ニュース
» 2015年01月20日 13時00分 UPDATE

オートモーティブワールド2015:国内メーカー製の3次元レーザーレーダーで自動運転技術の開発が可能に

ZMPは「オートモーティブワールド2015」で、コニカミノルタが新開発した3次元レーザーレーダーを参考出展した。ZMPが販売する自動運転技術開発のプラットフォームとともに、自動運転や自律走行の研究開発に取り組む企業や研究機関に向けて販売していく予定だという。

[陰山遼将,MONOist]

 ベンチャー企業のZMPは、「オートモーティブワールド2015」(2015年1月14〜16日、東京ビッグサイト)内の「第3回コネクティッド・カーEXPO」において、コニカミノルタが新開発した最大24レイヤーの広画角3次元レーザーレーダーを参考出展した。ZMPが販売する自動運転技術開発のプラットフォーム車両「RoboCar」シリーズなどへ搭載することにより、高精度な3次元計測データに基づく自動運転や自律走行システムの構築が可能になるという。主にZMPが販売を行い、自動車関連のティア1サプライヤや大学の研究機関などに向けて提供するとしている。

rk_20150119_zmp01.jpgrk_20150119_zmp02.jpg ZMPのブースでは、コニカミノルタ製のレーザーレーダーを用いたデモンストレーションが披露された。車両の上部に設置されているのが同レーザーレーダー(左)で、計測したデータは車両外部に設置されたモニターで確認できた(右)(クリックで拡大)

 コニカミノルタが新開発したレーザーレーダーの外形寸法は180×132× 150mm、重量は約1.4kg。TOF(Time Of Flight)方式を採用しており、垂直方向に最大24レイヤー、水平方向に最大画角180度でスキャンできるという。フレームレートは10fpsで、通信インタフェースには車載LAN規格であるCANとEthernetを備えている。測定可能距離は、車両で100m以上、歩行者については50m以上としている。

rk_20150119_zmp03.jpg コニカミノルタが新開発した3次元レーザーレーダー 出典:コニカミノルタ

 今回、ZMPとコニカミノルタが提携した背景について、ZMPのブース担当者は「近年、クルマの自動運転や自律走行に関する研究開発が加速しており、今回参考出展したレーザーレーダーなど、自車位置の確定や障害物の認識といった重要な役割を担う3次元測定器の需要は高まっている。ZMPのRoboCarシリーズと併せて、ティア1サプライヤや研究機関に提案を行い、研究開発現場からのニーズや、現場で使用した情報などをコニカミノルタにフィードバックしていく予定」としている。

 また、自動車関連の研究開発だけでなく、建設機械などのオートメーション分野に対しても販売を行っていく予定だという。レーザーレーダーの販売価格については「現在、検討している段階。ドイツの大手メーカーが販売しているレーザーレーダーの場合、価格は500〜600万円程だが、それよりは大幅に安価な価格で提供する予定」(ブース担当者)としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.