ニュース
» 2015年01月20日 16時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:アプリ開発者にも還元、ロボット広告サービスがPepper発売と同時に開始

ロボットスタートはロボット向けの広告配信システム「ロボットスタート広告」を、ソフトバンク「Pepper」発売にあわせて提供する。ロボットアプリ開発者にも広告料金が還元される仕組みとする。

[MONOist]

 ロボットアプリ開発を手掛けるロボットスタートは2015年1月20日、ロボット向けの広告配信システム「ロボットスタート広告」(robot start ads)を開発したと発表した。ソフトバンク「Pepper」発売(2015年2月予定)と同時にサービスを提供開始する。日本発のロボット向けマーケティグソリューションとしては「世界初」(同社)だ。

 この広告システムはロボットアプリに広告配信SDKを組み込むことで、利用者がロボットに接している間、特定アクションをトリガーとして広告の露出を行う。対象となるロボットはソフトバンク「Pepper」とアルデバラン・ロボティクス「NAO」の2機種だが、今後、対象機種を拡大する予定としている。

photo 「ロボット音声連動広告」のイメージ
photo 「ロボットインタースティシャル広告」のイメージ

 サービス開始時には広告種類として、ロボットとの会話中に特定キーワードが出た場合にキーワードに連動した広告テキストの読み上げを行う「ロボット音声連動広告」、アプリ起動時などに指定した広告を読み上げる「ロボットインタースティシャル広告」、ロボットが画面を使っていない状態の時に広告画像を表示する「ロボットディスプレイ広告」の3つを用意する。

photo 「ロボットディスプレイ広告」のイメージ

 アプリ開発者は開発するアプリに広告配信SDKを組み込むかわりに、広告の視聴者数などに応じてロボットスタートから広告費を受け取る。広告主および広告代理店はロボットスタートの用意するリポート画面で広告内容(話す言葉や動き)を設定し、設定した広告の露出数などを確認できる。リポート画面ではロボットのセンサーを活用し、「実際に何人が見たか」など詳細なデータも確認できるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.