ニュース
» 2015年01月21日 08時00分 UPDATE

医療機器ニュース:発作性心房細動治療用カテーテル・アブレーションシステムの製造販売を申請

東レは、日本エレクテルと共同開発した発作性心房細動治療用カテーテル・アブレーションシステムの製造販売承認申請を行ったことを発表。併せて、センチュリーメディカルと同製品の販売提携契約を締結した。

[MONOist]

 東レは2014年12月24日、日本エレクテルと共同開発を進めてきた発作性心房細動治療用カテーテル・アブレーションシステムについて、同年11月に厚生労働省に製造販売承認申請を行ったと発表した。

 カテーテル・アブレーションとは、心房細動を含む不整脈の治療法の1つ。従来は、足の付け根の静脈から挿入したカテーテル先端の電極により、心筋組織を点状に繰り返し焼灼(アブレーション)する治療法が主流とされていた。

 今回、東レが開発したカテーテル・アブレーションシステムは、カテーテルの先端に取り付けたバルーン内の液体を温めて、心筋組織を焼灼するもの。電極が心筋組織に直接触れず、バルーン内液を介して間接的に加熱できる。また、バルーンは柔軟な球形のため、心房細動治療の主要な治療部位である肺静脈の入り口に、リング状に接触させることができる。これにより、より短時間での治療の実現が期待されるという。

 同社では、今回の申請と併せて、伊藤忠商事の子会社であるセンチュリーメディカルと同製品の販売提携契約を締結。この契約により、センチュリーメディカルでは、日本市場における同製品の独占販売権を取得した。

photo
photo

関連キーワード

東レ | 共同開発 | 医療機器ニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.