ニュース
» 2015年01月22日 07時00分 UPDATE

製造マネジメントニュース:“意志ある踊り場”を実践するトヨタ、3年連続生産台数世界一も2015年は微減予想

トヨタ自動車は2014年暦年のグループ販売実績と、2015年の生産・販売計画を発表した。2014年のグローバルの販売台数は前年比103%となる1023万台となり、3年連続世界一となった。

[MONOist]

 トヨタ自動車(以下、トヨタ)は2015年1月21日、2014年(暦年)の販売実績と2015年(暦年)の生産・販売計画を発表した。それによると2014年のグローバル販売台数実績は前年比103%となる1023万台となり3年連続で世界一となったことが明らかとなった。

 2014年の販売実績は、トヨタブランドが前年比102%の915万台、ダイハツブランドが同105%の92万台、日野ブランドが同104%の17万台となっており、全ブランドで成長した。また、グループ合計の国内販売についても同101%の232万台、海外販売は同103%の791万台となっており、こちらも両方で成長を見せた。「タント」が新社販売台数で1位となるなど国内のダイハツブランド、日野ブランドが好調を見せる一方、消費増税の影響を受けたトヨタブランドの国内販売は前年割れとなった(同98%)。

photo (クリックで拡大)※出典:トヨタ

 2015年の計画については、グローバル生産が1021万台、グローバル販売が1015万台としており、どちらも2014年に比べて微減の目標としている。中国やASEAN市場における需要の低迷や、軽自動車税の増税の影響で国内販売に影響が出る見込み。

 同社は2014年度の方針として「『意思ある踊り場』とし、成長への礎とする」(同社取締役社長 豊田章男氏)ことを掲げており、数を追い過ぎることなく、販売台数1000万台の規模にふさわしい基礎固めに取り組む方針を示している。

photo ※)国内販売(登録+届出、海外生産車を含む)、海外販売(トヨタ・ダイハツ・日野調べ)、国内生産(完成車+KD、国内ラインオフベース)、海外生産(KDを除く海外生産、現地ラインオフベース)(クリックで拡大)出典:トヨタ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.