ニュース
» 2015年01月22日 12時00分 UPDATE

ウェアラブル:単体で拡張現実を実現するHMD、「Microsoft HoloLens」

米Microsoftが次期「Windows 10」を搭載するヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Microsoft HoloLens」を披露した。HDM単体で稼働し、ホログラフィック技術を使ってARを実現する。

[MONOist]

 米Microsoftは2015年1月21日(米国時間)、開催した次期OS「Windows 10」のプレスイベントにて、Windows 10を搭載するヘッドマウントディスプレイ(HMD)「HoloLens」を発表した。

 HoloLensは単眼式ではなく、セイコーエプソン「MOVERIO」と同様、サングラスな形状をしたシースルーグラス採用型だが、本体にCPUやGPU、各種センサー、OS(Windows 10)などを組み込んでおり、PCとの接続なしに単独利用できるのが大きな特徴だ。

photo Microsoft「HoloLens」

 映像を見るだけではなく、同社のホログラフィック技術「Windows Holographic」を採用した拡張現実(AR)技術によって、空中に浮かぶタイルなどのオブジェクトをジェスチャーや音声で操作(干渉)できる。Windows HolographicはAPIを提供するためにOculus Riftなど他社デバイスでも利用できるという。

 プレスイベントでHoloLensの説明を行ったアレックス・キップマン氏によれば、Windows 10には、Windows Holographicによるホログラフィック体験を手軽に楽しめる3Dモデリングソフトウェア「Holo Studio」が搭載される。行われたデモでは、Holo Studioをジェスチャーと音声で操作してドローンのようなオブジェクトを組み立て、完成後、それを3Dプリンタで出力したという実際のドローンを飛ばしてみせた。

photo HoloLensで3Dモデリングソフトウェア「Holo Studio」を操作
photo 実際には空中で指先を動かしているようにしか見えない
photo Holo Studioでモデリングデータを作成したドローン

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.