ニュース
» 2015年01月27日 13時00分 UPDATE

FAニュース:PLCと表示器の生産・開発を名古屋に統合し、一貫体制を構築

三菱電機は、FAシステム事業の中核製品であるシーケンサー(PLC)、表示器などの開発・製造を名古屋製作所に統合する。

[MONOist]

 三菱電機は2015年1月26日、FAシステム事業の中核製品であるシーケンサー(PLC)、表示器などの開発・製造を名古屋製作所に統合することを発表した。統合時期は2015年4月で、グローバルでの製品競争力強化を目指す。

 三菱電機では、PLCや表示器の小型モデルについては現在姫路製作所で開発・製造を行っているが、これを中・大型モデルの開発・製造を行っている名古屋製作所に統合することで、事業運営の一元化を目指す。

 開発拠点を統合することにより、PLCや表示器の製品仕様の共通化や統一プラットフォームの開発、周辺ネットワーク製品の開発を推進し、製品開発力の強化とともに、工場全体を包括するソリューション構築力の強化を推進する。一方で生産面では、上位情報系システムと生産現場の情報連携による生産とエネルギーの「見える化」を実現するe-F@ctory導入工場である名古屋製作所での一貫生産により、生産性の向上を実現する狙いだ。

 名古屋製作所では、2014年5月にPLCの製造などを行う新生産棟を稼働させるなど、FA領域の体制整備を進めており、さらなる事業強化を進めていく方針だ(関連記事:三菱電機 名古屋製作所、FA機器快進撃の舞台裏)。

photo シーケンサーMELSECシリーズ


関連キーワード

名古屋 | FA | PLC | 三菱電機 | シーケンサー | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.