ニュース
» 2015年01月27日 11時04分 UPDATE

DMM.make ROBOTS:「2017年に売り上げ100億円へ」、DMM.comがロボット事業へ参入

DMM.comがロボット販売事業を開始する。富士ソフトやユカイ工学などのロボットについてプロモーションや販売を請け負い、将来的には各社と協業してのオリジナル製品も手掛ける。秋葉原「DMM.make AKIBA」との連携も進める。

[渡邊宏,MONOist]

 DMM.comは2015年1月27日、ロボット事業への参入を発表した。コミュニケーションおよびホビーロボットを中心とした各社製品の販売プラットフォームを構築し、2015年に30億円、2017年に100億円の売り上げを目指す。

 開始する販売プラットフォーム「DMM.make ROBOTS」はロボット同士がインターネットによって接続されデータ共有を行う「スマートロボット」の普及を掲げ、富士ソフト「Palmi」、ユカイ工学「BOCCO」、プレンプロジェクト「PLEN.D」、ロボットゆうえんち「プリメイドAI」、デアゴスティーニ・ジャパン「Robi(組み立て代行バージョン)」の販売を開始する。

photo DMM.comのロボットキャリア事業概念図 「ビジネスモデルとしては携帯電話販売ビジネスに近いと考えている(DMM.com ロボット事業部 岡本康広氏)

 富士ソフト、ユカイ工学、プレンプロジェクト、ロボットゆうえんちの各社はプラットフォーム参加メンバーとして提携し(デアゴスティーニ・ジャパンは“特別タイアップ”として参加)、DMM側は製品プロモーションとWebでの販売、販売時の1次サポート(保守サポートは製造元)を請け負う。

 これだけでは販売代理店契約だが、DMM.com側では加えてクラウドサービスを用意し、ロボットのファームウェア更新やアプリケーションによる機能追加、課金のおよび配送など同社の持つ既存サービスとの組み合わせて提供する。同時にスタートアップ企業のための支援施設「DMM.make AKIBA」との連携も進めていく。

 将来的には提携先との協業により、ロボットからのデータを蓄積するクラウド環境を構築してのスマートロボット開発なども行う予定としている。

photo DMM.com 代表取締役社長 松栄立也氏

 多種多彩な事業を手掛ける同社だが、 代表取締役社長の松栄立也氏は事業選定の理由について「人との出会い」を挙げる。ロボット事業参入についても「3Dプリンタを楽しめるところを作りたいと場所を探していたら富士ソフトビルの上を使えることになって、そこで富士ソフトの“Palmi”を見せてもらってロボットを手掛けたいと思うようになった」とその理由を挙げた。

関連キーワード

ロボット開発 | DMM | DMM.make AKIBA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.