ニュース
» 2015年01月27日 16時00分 UPDATE

製造IT導入事例:タイの現地メーカーがNECのPLMクラウドサービスを初めて採用

タイの自動車部品・工作機械メーカーであるCLP Engineering(CLPエンジニアリング)が、NECのPLMクラウドサービスを採用した。

[MONOist]

 NECは2015年1月27日、タイの自動車部品・工作機械メーカーであるCLP Engineering(以下、CLPエンジニアリング)に、PLM(Product Lifecycle Management)クラウドサービス「Obbligato for SaaS」を提供したことを発表した。

 Obbligato for SaaSは、グローバル750社以上への導入実績を持つPLMソフトウェア「Obbligatoシリーズ」を、SaaS型のクラウドサービスとして提供できるようにしたもの。「製品構成(BOM)管理」「ドキュメント管理」「設計変更情報管理」に関する業務機能を標準定義しサービスとして提供する。

 PLMに必要な各機能を、パッケージ製品を導入する場合と比較して短期間で安価に利用できるという利点を持つ他、利用者によるソフトのバージョンアップやサーバ保守作業などが不要となり、システム運用業務の負荷を低減することで、少ないIT要員でも運用できる点が特徴だ。

 これらの利点から海外拠点での引き合いが強かったが、NECでは2013年12月からタイにおいてサービス提供を開始(関連記事:NECがクラウド型PLM「Obbligato for SaaS」をタイで展開)。このほど、初めての導入企業として、CLPエンジニアリングが決まった。

 NECはCLPエンジニアリングに「Obbligato for SaaS」の提供および初期導入作業の支援に加え、業務プロセス標準化に関するコンサルティングを行った。これらにより、部品表や設計図面、仕様書、見積書などのドキュメントの一元管理が可能となり、業務の効率化・高度化・標準化を実現したという。

 今後もNECでは同サービスの展開を強化し、タイに進出する日系製造業や現地の製造業向けで、2018年度(2019年3月期)までに100社への導入を目指すとしている。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.