ニュース
» 2015年01月28日 13時00分 UPDATE

ジュネーブモーターショー2015:「XR-PHEV」を具体化したプラグインハイブリッドSUV、世界トップの低CO2排出量

三菱自動車は、「第85回ジュネーブ国際モーターショー」でコンパクトSUVのコンセプトカーを初披露する。世界トップクラスの低CO2排出量を実現するプラグインハイブリッド車で、「東京モーターショー2013」で公開した「MITSUBISHI Concept XR-PHEV」をより具体化したものとみられる。

[MONOist]

 三菱自動車は2015年1月27日、「第85回ジュネーブ国際モーターショー」(一般公開日2015年3月5〜15日)において、独自の次世代先進技術「@earth TECHNOLOGY(アット・アース・テクノロジー)」を搭載したコンパクトSUVのコンセプトカーを初披露すると発表した。

 このコンセプトカーは、プラグインハイブリッド車の中でもトップクラスの低CO2排出量を実現する、軽量・小型・高効率のプラグインハイブリッドシステムを採用する。

 車両の外観は、プラグインハイブリッドシステムの高出力モーターによる走行性能がもたらすアーバンクロスオーバーの躍動感を、アスリートフォルムのシルエットやエッジを効かせたボディサイドのキャラクターラインで表現しているという。

三菱自動車が初披露するプラグインハイブリッドコンパクトSUVの外観三菱自動車が初披露するプラグインハイブリッドコンパクトSUVの外観 三菱自動車が初披露するプラグインハイブリッドコンパクトSUVの外観(クリックで拡大) 出典:三菱自動車

 三菱自動車は2013年11月の「東京モーターショー2013」で、クロスオーバーSUVのプラグインハイブリッドコンセプトモデル「MITSUBISHI Concept XR(Crossover Runner)-PHEV(以下、XR-PHEV)」を発表している(関連記事:三菱自のプラグインSUVコンセプト、車室中央にタッチパネルテーブルを設置)。今回ジュネーブで初披露するコンパクトSUVの外観は、XR-PHEVと類似している点が多い。

「MITSUBISHI Concept XR-PHEV」の外観 「MITSUBISHI Concept XR-PHEV」の外観(クリックで拡大) 出典:三菱自動車

 XR-PHEVは、「アウトランダーPHEV」をベースに、軽量・高効率なFFタイプのプラグインハイブリッドシステムを採用。排気量1.1l(リットル)の直列3気筒直噴ターボチャージャー付きエンジン、軽量・小型・高効率のモーターと、必要に応じてモーター駆動電圧を700Vまで昇圧する昇圧コンバータをフロントに搭載し、容量14kWhの電池パックは床下に設置している。アウトランダーPHEVとは異なり、リヤモーターを搭載していないので、軽量化や摩擦低減による燃費向上が可能としていた。

 ジュネーブ初披露のコンパクトSUVは、XR-PHEVをより市販車両に近い形まで具体化したコンセプトカーとみられる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.