ニュース
» 2015年01月29日 17時00分 UPDATE

3D Printing 2015:小さな子どもでも3Dプリンティングを楽しめるソリューション

ニッポーは、3Dプリンティング技術の展示会「3D Printing 2015 Additive Manufacturing Technology Exhibition」に出展し、3Dプリンティングを手軽に楽しめるソリューション「園造くん」を参考出品した。

[八木沢篤,MONOist]

 ニッポーは2015年1月28〜30日の3日間、東京ビッグサイトで開催されている3Dプリンティング技術の展示会「3D Printing 2015 Additive Manufacturing Technology Exhibition(以下、3D Printing 2015)」に出展し、3Dプリンティングを手軽に楽しめるソリューション「園造くん」を参考出品した。

 3Dプリンタはモノづくりだけでなく、“触れる教育”としても注目されているが、子ども自身が3Dプリンタを使いこなすのは難しいため、教育現場においては、基本的に“先生にお願いして出力してもらう”というのが大前提となってる。

園造くん 画像1 「園造くん」のメインメニュー。非常にシンプルな構成になっている

 パーソナル3Dプリンタ「遊作くん」を手掛ける同社は、より幅広い層へ3Dプリンタの魅力を伝えるためには3Dプリンタそのものだけでなく、周辺のソリューションも整備すべきだと考え、小さな子どもでも自分で操作でき、3Dプリンティングを楽しめる同製品を開発。幼稚園や小学校などに対し、3Dプリンタの遊作くんとセットで展開していきたい考えだ(関連記事:国内生産・日本語対応で安心な小型パーソナル3Dプリンタ「遊作くん」発売)。

ジャンル文字ビュワー 画像2(左) ジャンルごとに3Dモデルデータが登録されている/画像3(中) 「文字」のリストから出力したい文字を選ぶ/画像4(右) 専用3Dビュワーで形状も確認できる ※画像クリックで拡大表示

 同製品は、「文字」「動物」「食べ物」といった具合にジャンルごとに登録されている3Dモデルデータ(Gコード)をマウス操作で呼び出し、3Dプリントしたり、専用3Dビュワーで形状を確認したりできる。「インタフェースは小さな子どもでも理解できるようシンプルな構成にしてある。その分やれることは少ないが、あらかじめ登録してある3Dモデルデータを呼び出して使うだけなので、『作る』『触れる』という楽しみを手軽に体験できる」と説明員。3Dモデルデータの登録は、設定メニューから行える。こちらのメニューはパスワードを設けてあり、操作は基本的に先生が行うことを想定している。

 「見た目などカスタマイズに応じることも可能だが、2014年度中にパッケージ製品として販売したい。現在、幼稚園などに提案しているところだ」(説明員)。

サンプル1サンプル2 画像5(左) 出力サンプル1/画像6(右) 出力サンプル2 ※画像クリックで拡大表示


つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.