ニュース
» 2015年01月29日 19時00分 UPDATE

3D Printing 2015:シャープな造形が可能な新フィラメントから「Kinect」を使った3Dスキャンまで

スマイルリンクは、3Dプリンティング技術の展示会「3D Printing 2015 Additive Manufacturing Technology Exhibition」に出展し、シャープな造形が可能な3Dプリンタ用フィラメント「T-PLA」を用いた造形デモや、「BODYスキャン&プリントサービス」のデモを披露した。

[八木沢篤,MONOist]

 スマイルリンクは2015年1月28〜30日の3日間、東京ビッグサイトで開催されている3Dプリンティング技術の展示会「3D Printing 2015 Additive Manufacturing Technology Exhibition(以下、3D Printing 2015)」に出展し、シャープな造形が可能な3Dプリンタ用フィラメント「T-PLA」を用いた造形デモや、「BODYスキャン&プリントサービス」のデモを披露した。

 T-PLAは、ユニチカが開発したバイオマス素材「テラマック」を用いた熱溶解積層式3Dプリンタ用フィラメント(全4色)。従来のPLAフィラメントよりも強度があり、造形精度が高く、造形物同士のはめ合いなどもよい。また、透明感もあり、シャープな仕上がりが特長である。なお、同社とディビジョンエンジニアリングが共同開発したパーソナル3Dプリンタ「DS.1000」の後継機種については、「当初の予定よりも開発が遅れている。できるだけ早くお届けできるよう鋭意製作中である」と説明員。販売予定の後継機種は、T-PLAの利用が可能で、ヒーテッドベッドの搭載や造形サイズの大型化などが図られているという。

デモサンプル 画像1(左) シャープな造形が可能な3Dプリンタ用フィラメント「T-PLA」を用いた造形デモ/画像2(右) 「T-PLA」の造形サンプル ※画像クリックで拡大表示

「BODYスキャン&プリントサービス」のデモ 画像3 「BODYスキャン&プリントサービス」のデモ ※画像クリックで拡大表示

 また、複数の「Kinect for Windows」センサーを用いて全身の3Dスキャンを行うBODYスキャン&プリントサービスを紹介。

 スキャン時間は約1分間で、被写体となる人物は回転台の上に乗り全身を撮影する。その後、専用ソフトでスキャンデータを補修し、3Dデータ化したものを、フルカラー石こうもしくは単色で3Dプリントする。「スキャンサービスとして展開する一方、販売代理店として同システムの販売も行う」(説明員)という。


「BODYスキャン&プリントサービス」で出力したフィギュア 画像4 「BODYスキャン&プリントサービス」で出力したフィギュア

大田区とクリエーターをつなぐモノづくりスペースも展開!?

 近々同社は、オフィスの引っ越しを控えているそうで、「新オフィスでは、3Dプリンタに限らず、電子工作なども楽しめるモノづくりスペースや、商品化してみたい試作品の販売スペースなどを設けようと計画している。集まってくる人たちと、さまざまな技術を持った大田区の町工場とをつなげて新しい展開も生み出せるかもしれない」と説明員は語る。


つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.