ニュース
» 2015年01月30日 08時00分 UPDATE

医療機器ニュース:着用するだけで心拍が計測できるウェア型トレーニングデータ計測用デバイス

ゴールドウインは、ウェア型のトレーニングデータ計測用デバイスと専用のトランスミッターを発売した。機能素材「hitoe」を活用し、着用するだけで心拍数・心電波形などの生体情報が取得できる。

[MONOist]

 ゴールドウインは2014年12月19日、ウェア型のトレーニングデータ計測用デバイス「C3fit IN-pulse(インパルス)」シリーズと、専用のトランスミッター「hitoeトランスミッター 01」の販売を開始した。

 C3fit IN-pulseシリーズは、東レと日本電信電話が開発・実用化した機能素材「hitoe」を活用したもの。着用するだけで心拍数・心電波形などの生体情報が取得できる。取得した心拍数データは、hitoe専用のトランスミッターとスマートフォンを連携させることで、NTTドコモが提供するアプリ「Runtastic for docomo」で表示できる。

 ウェア型のため、長時間のトレーニング時の着用でも違和感やセンサー位置のずれが少なく、正確に心拍数が計測できる。これにより、効果的なトレーニング、戦略的なレース、体調管理など、目的に合わせた使用が可能になった。

 サイズはメンズサイズのS・M・L・XLで、色はブラック・ホワイト・レッドの3種類。価格(税抜き)は、「C3fit インパルスティー&hitoeトランスミッター 01セット」が1万9000円、「C3fit インパルススリーブレス&hitoeトランスミッター 01セット」が1万8000円。同社の直営店7店舗と「GOLDWIN WEB STORE」で販売し、2015年1月下旬には単品でも販売を開始するという。

photo
photo
photo
photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.