ニュース
» 2015年01月31日 07時00分 UPDATE

FAニュース:小型ICを高速かつ安定的にハンドリングする新型ICテストハンドラー

セイコーエプソンは、独自のロボット制御技術「スマートモーションコントロール」を採用した、新型ICテストハンドラー「NS8040SH」を発売した。小型のICを高速かつ安定的にハンドリングし、ICの多ピン化にも対応した。

[MONOist]

 セイコーエプソンは2015年1月9日、ICの搬送・検査・選別を行う新型ICテストハンドラー「NS8040SH」を発売した。

 ICテストハンドラーは、IC製造の検査工程で、ICを検査装置に搬送して最終性能試験を行い、外観や電気的特性などから良品・不良品などのカテゴリーに分類する装置。1台の装置で、形状・ピン数などが異なるさまざまなICを扱うことができる。

 今回発売されたNS8040SHは、エプソン独自のロボット制御技術「スマートモーションコントロール」により、小型のICを高速かつ安定的にハンドリングできる。同社従来製品「NS8040」の基本機能を継承しつつ、ICの多ピン化に対応し、ICを検査用ソケットに押し込む標準加圧を1200Nに高めた。

 また、装置内部でICを搬送するハンドの構成は、直列に並んだ4個のICを同時検査する「Inline4サイト」と2×2の配列で並んだ4個のICを同時検査する「SQ4サイト」の2つの仕様に対応した。さらに、8個のICを同時検査する「8サイト」へのアップグレードにも対応している。

photo ICテストハンドラー「NS8040SH」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

セイコーエプソン | ロボット


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.