ニュース
» 2015年02月01日 07時00分 UPDATE

FAニュース:データロギングソフトウェアを機能強化、OPC-UAに対応

横河電機は、データロギングソフトウェア「GA10」の機能を大幅に強化した「GA10 リリース2」を発売した。リアルタイム演算機能、レポート印刷機能、上位システムとの連携機能がオプションで装備できる。

[MONOist]

 横河電機は2015年1月20日、データ収集制御システム「SMARTDAC+(スマートダックプラス)」のデータロギングソフトウェア「GA10」の機能を大幅に強化した、「GA10 リリース2」を発売した。幅広い産業の製品評価試験や品質検査、プラントの設備監視・環境モニタリングなどの用途向け。

 GA10は、レコーダ・温度調節計・電力計などの機器と接続し、複数機器から温度や電圧、電流、流量、圧力などのデータを一元的に収集、表示および記録するためのソフトウェア。PC上で動作し、SCADAやDCSなどの高機能・高価格システムを導入することなく、データを収集するシステムを構築できる。同社のデータ収集・記録機器、測定器の他、工業用の汎用通信プロトコル「Modbus」に対応した他社機器からのデータ収集も可能で、データの監視・記録が目的のシステム構築に活用できる。

 今回発売されたGA10 リリース2では、複数のチャネルから入力されたデータを演算して表示する「リアルタイム演算機能」と、表形式の他にグラフ、文字、画像データを挿入したレポートを作成できる「レポート印刷機能」を搭載した。また、産業オートメーションにおけるデータ交換の相互運用規格「OPC-UA」に対応したことで、他社のSCADAや上位システムとの連携を強化した。オプションで装備できるこれらの機能により、作業効率の改善や情報共有化に貢献できるという。

photo 「GA10 リリース2」の監視画面と出力レポート例

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

横河電機 | FAニュース | レコーダー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.