ニュース
» 2015年02月04日 13時00分 UPDATE

車載情報機器:自動車保険の運転支援サービス向けドラレコ、IoT技術を活用

東芝は、損害保険ジャパン日本興亜が2015年3月から開始する企業向け安全運転支援サービス「スマイリングロード」向けに通信機能付きドライブレコーダーを供給する。

[MONOist]

 東芝は2015年2月3日、損害保険ジャパン日本興亜が同年3月から開始する企業向け安全運転支援サービス「スマイリングロード」向けに通信機能付きドライブレコーダーを供給すると発表した。

 スマイリングロードは、損害保険ジャパン日本興亜が、自動車保険フリート契約を結ぶ企業の社有車向けに東芝の通信機能付きドライブレコーダーを貸与し、収集した走行データからビッグデータ解析を行って、安全運転支援に結び付けるサービスだ。

 具体的には「見える」「わかる」「ほめる」という3つの機能を使って、ドライバーおよび管理者に安全運転診断や危険運転などの情報をスマートフォンやWebサイトなどにフィードバックする。これによって、ドライバーの安全運転意識向上や管理者の効率的な指導を支援が可能になる。

「スマイリングロード」の仕組み 「スマイリングロード」の仕組み(クリックで拡大) 出典:損害保険ジャパン日本興亜

 スマイリングロードの価格は月額で1800円(税別)。ドライブレコーダーの貸与、ドライバー向けのアプリやWebサイト、管理者向けWebサイトなどの各種サービスの利用料が含まれている。初期費用は掛からないが、最低1年間の継続利用が必要である。また自動車保険フリート契約に加入している全車両にスマイリングロードを同サービスを導入した場合、自動車保険料は5%割引されるという特典もある。

IoT技術を活用して開発

東芝が供給する通信機能付きドライブレコーダー 東芝が供給する通信機能付きドライブレコーダー 出典:東芝

 東芝は、このスマイリングロードに必須となる通信機能付きドライブレコーダーの供給とともに、保守とメンテナンスも担当する。

 このドライブレコーダーは、東芝のIoT(モノのインターネット)技術を活用して開発した。GPSや加速度センサー、カメラ、3Gによる通信機能を備えており、車両の走行データを効率的に取得/保存し、送信することができる。走行データは、通信回線を経由してデータセンターに蓄積し、損害保険ジャパン日本興亜が独自のアルゴリズムによって分析する。同社はこの分析結果を、契約対象となる企業に対して、安全運転を支援するスマイリングロードのサービスとして提供することになる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.