ニュース
» 2015年02月05日 07時00分 UPDATE

FAニュース:外径1mm以下の極細同軸ケーブル用全自動電線加工装置を発売

シュロニガージャパンは、外径1mm以下の極細同軸ケーブル用全自動電線加工装置「CoaxCenter 6000」を発売した。極細同軸ケーブルの測長・切断・ストリップ・品質検査・端末処理までを高速全自動で処理できる。

[MONOist]

 シュロニガージャパンは2015年1月9日、スマートフォンや携帯ゲーム機などで利用が広がる外径1mm以下の極細同軸ケーブル用全自動電線加工装置「CoaxCenter 6000(コアックス・センター)」の販売を開始した。極細同軸ケーブルに対応した装置としては、業界初になるという。

 CoaxCenter 6000は、リールに巻かれた極細同軸ケーブルを所定の長さに計測する「測長」、計測した長さに切りそろえる「切断」、末端のジャケットと誘電体・外部導体を所定寸法で剥離し芯線を露出させる「ストリップ」、ストリップ後のケーブル両端を検査する「品質検査」までを高速全自動で処理できる。また、追加工程として、ケーブル末端に端子を取り付ける「圧着ステーション」装置を組み合わせることも可能で、測長から端子の取り付けまでを全自動化することもできる。

 加工対象は被覆材を含めた外径6.5mm以下の同軸ケーブルで、1時間当たり約1300本のケーブルを加工できる。さらに、米国ワイヤゲージ規格AWG38(外径0.12mm)程度の導線を芯線に用いた極細同軸ケーブルにも対応できる。AWG38を用いた同軸ケーブルの場合、被覆材を含めたケーブル外径は約0.6mmで、小型薄型化が進むスマートフォンやタブレット端末、ゲーム機器などに活用できる。

 標準構成は、測長・切断・搬送機能と、ケーブルをストリップするロータリーユニット2台、画像検査装置2台で、価格は1200万円。同社では、発売初年度に20台の販売を目指すとしている。

photo
photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

同軸ケーブル | FAニュース | 検査機器


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.