ニュース
» 2015年02月05日 16時00分 UPDATE

MEDIX関西:専用ロボットで医薬品を製造、カメラを含めたトータルソリューションも

三菱電機は、「第5回 関西 医療機器開発・製造展(MEDIX関西2015)」において、医薬品製造に対応する産業用ロボット「MELFA Fシリーズ」のデモンストレーションを披露した。

[朴尚洙,MONOist]

 三菱電機は、「第5回 関西 医療機器開発・製造展(MEDIX関西2015)」(2015年2月4〜6日、インテックス大阪)において、医薬品製造に対応する産業用ロボット「MELFA Fシリーズ」のデモンストレーションを披露した。

 MELFA Fシリーズは、医薬品や食品の製造に利用できる耐環境仕様にしてあることが特徴。薬品洗浄による腐食への耐性を強化するとともに、洗浄性や清潔性を高めた。医薬品向けの「SE-01」と食品向けの「SE-02」があり、特にSE-01は薬品洗浄に対する工夫が多数盛り込まれている。例えば、液体がたまらない形状の特殊六角フランジボルトの採用や耐薬品コーティング、ロボットの可動部を覆う蛇腹の材質の変更などがある。

 デモに使用したロボットは、2014年冬に発売した水平多関節型で耐荷重が6kgの「RH-6FH5520M-Q-SE01」である。これにコグネックスのビジョンカメラによる対象物検知を組み合わせた。制御は、ロボットだけでなくビジョンカメラや搬送装置などを含めた製造ライン全体のコントローラとの一体制御が可能な「iQ Platform」を用いている。

医薬品製造に対応する産業用ロボット「MELFA Fシリーズ」のデモ 医薬品製造に対応する産業用ロボット「MELFA Fシリーズ」のデモ。赤色の丸印で示したのがコグネックスのビジョンカメラ、オレンジ色の線で囲んだのが「iQ Platform」のコントローラだ(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.