ニュース
» 2015年02月06日 10時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:国内IoT市場の成長はICTプラットフォームなど上位層がけん引、多様化も進む (1/2)

IDC Japanは日本国内のIoT(モノのインターネット)市場の実績と今後の成長予測を発表。国内のIoT市場は、2015〜2019年にかけて高い成長率で拡大する見通しで、特にデータ分析やセキュリティといった上位レイヤーの売上規模が顕著に成長するという。

[陰山遼将,MONOist]

 IDC Japanは2015年2月5日、東京都内で会見を開き、IDC Japan コミュニケーションズ マーケットアナリストの鳥巣悠太氏が、日本国内におけるIoT(モノのインターネット)市場の実績と今後の成長予測について説明した。国内のIoT市場は、2015〜2019年にかけて高い成長率で拡大する見通しで、特にプラットフォームサービスやデータ分析、セキュリティといった上位レイヤーの売上規模が顕著に成長するという。


2019年に日本のIoT市場の売上規模は16兆円超えに

rk_150205_iot01.jpg 日本国内における2013〜2015年のIoT市場の売上規模予測(クリックで拡大)出典:IDC Japan

 IDC Japanによれば、2014年の日本国内におけるIoTデバイスの普及台数は5億5700万台で、売上規模は9兆3645億円だという。また今後、普及台数と売上規模はどちらも11%以上の年間成長率で拡大を続け、2019年には普及台数が9億5600万台、売上規模が16兆4221億円になるという予測を明らかにした。

rk_150205_idc02.jpgrk_150205_idc03.jpg IDC Japanが分類したIoT市場の構成(左)。今後はIoTプラットフォームや、分析関連など上位レイヤーの市場規模の成長が加速する見込みだという(右)(クリックで拡大)出典:IDC Japan

 また今回IDC Japanは、日本国内のIoT市場を構成する「IoTデバイス」「通信モジュール、通信回線、通信機器」「IoTプラットフォームソフトウェア」「アナリティクスソフトウェア」「IoTインフラストラクチャ」「垂直市場ソリューション/専門サービス」「セキュリティサービス」という、7つのテクノロジー分野別の市場予測も発表した。

rk_150205_idc04.jpg IDC Japan コミュニケーションズ マーケットアナリストの鳥巣雄太氏

 鳥巣氏によれば、2019年までの7つの分野の売上規模成長率を、IoTデバイスと、それ以外の6分野の合計を比較した場合、後者の成長率は前者に比べて約3倍になるという。その理由について同氏は「これまでIoTというのは、デバイスや通信モジュールといった分野が中心であり、現在も売上規模として市場の多くを占めている。しかし今後は、IoTプラットフォームの提供や、収集したデータの分析、さらにはIoT市場のさまざまな領域に関係するセキュリティなど、より上位のICT(Information and Communication Technology)を活用して“付加価値を提供するサービス”の成長速度と重要性が増していくと見ている」と説明した。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.